法被の誕生

お祭りわっしょい

法被のデザインを考えるポイントとは

法被は個性を出せるようにデザインを決め、周囲から目立ちやすくすると効果的です。
周囲から目立ちやすくする方法は存在感を高めるように考え、アピールをする内容を考えてデザインを決める必要があります。
法被を着る時は応援をする時などに多く、周囲から目立つようにすることで一体感を出せるように使うと効果的です。
応援をする時は同じ目的を持った人との交流を深めるきっかけになり、お互いに協力し合うと選手に伝わりやすく場の雰囲気を盛り上げることができます。
より多くの人をひきつける時は存在感をアピールすると効果的で、デザインを考える時は文字の大きさや色などを工夫して決める方法が望ましいです。
法被のデザインを考えるポイントは伝えたいことを伝えやすく工夫し、多くの人が興味や関心を示すようにすることです。
応援をする時は気持ちが伝わるように一体感を持って考え、リーダーが着て指示を出せるように使うと効果があります。
周囲から目立つようにしたい時は鮮やかな色を選ぶと存在感を高めることができ、より多くの人が注目するように選ぶとアピールしやすいです。
デザインを選ぶ時は周囲に見やすく配慮し、話し合って考えると良いアイデアを決めることができます。

武家社会から法被は誕生

法被とは、日本における伝統衣装の1つであり、祭りの時に主に着用され、半被と表記する場合もあります。
語源は、古代において胞と呼ばれる物の下に着ていた、袖の無い胴衣を「半臂(はんぴ)」と言った事が由来とされています。
元々は、武家に奉公する人々が、家紋を大きく染め抜く事で所属を明らかにし、襟に名前や役職を入れた事が始まりです。
袖を長く幅広にし、格調高い制服として着用され、当時の人気となっていました。
法被と似た物に半纏と言う物も存在しますが、前者は紐で結ぶ単であるのに対して、後者は裏地のある袷であり、商人や職人が着用し、活動しやすいように袖も短く、幅も短い、作業着として着用されていました。
江戸末期にはそれらの区別もほぼ無くなりましたが、現代において半纏とは、一般的に冬季の防寒着のイメージが強くなっている一方、法被は、昔からのイメージと変わっていません。
祭りで着用される以外にも、企業のイベントブース、開店記念セールなどでスタッフが着用しており、消防団は乙種衣と呼び、正式の制服として用意しています。
また、日本の航空会社のファーストクラスでは、伝統と文化を知ってもらう為、乗客に機内着として提供していた事もあります。

pickup

キャビテーション 比較
http://www.forjapanwithlove.com/
韓国 整形
http://navi-kr.com/
保険相談 ランキング
http://minnano-review.com/hoken-soudan/
白い家フェローシップチャーチ
http://feloshioki.hatenablog.com/
田園調布 矯正歯科
http://www.saraba-ginba.com/
花キューピット
http://www.ee87.com/
ビジネスホン
http://www.heiwa-net.ne.jp/
ディズニー英語システム 買取
http://www.mccranium.org/

2015/9/1 更新

COPYRIGHT(C) お祭りわっしょい ALL RIGHT RESERVED